ギャラリー

ひまわりのマリ子ちゃん

先日、ある知人からヒマワリの宣伝用として
ひまわりを擬人化した女の子(ひまわり娘)を描いてくれと頼まれまして。
それで描かせて頂きました。
himawariキャラ_彩色_min

描いた後、A1サイズに印刷して、板に張り付けて、
現在は富士ミルクランドと言う場所に置かせてもらっています。

萌え路線で、過度な色気は無しの方針ということで描きました。

IMG_4210 IMG_4209

ちなみに、写真にあるフキダシの中の文字は現場の人に書いてもらいました。

陣馬の滝

毎度恒例、久々の更新!
長らく放置してました!

資料集めで陣馬の滝を見に行きました。

IMG_4048_min IMG_4033

さほど有名ではありませんが、一級河川ということで
その水の澄んだ様は、他の河とは一線を画しています。さすが一級河川。

陣馬の滝と言えば、源頼朝。
鎌倉時代、建久四年(1193年)に富士山のふもとで源頼朝が巻狩をして
「日が暮れたから、とりあえずここで一夜すごしますかー」
ってことで陣を敷いたのが名前の由来らしい。

…って案内板に書いてあった。↓
IMG_4036

天気は晴れ。五月の日を浴びて青々とし始めた葉が、独特な香りを漂わせていました。

IMG_4034_min
IMG_4021_min IMG_4044_min

これから暑くなるなぁ なんて思いながら
駐車場を降りて少し歩くと、すぐに滝が見えてきます。

いつも人は居ないんですが、最近少しずつ知名度が上がっているのか
何グループか人が来ていて、少しにぎやかになってました。
個人的には人が少ない方がよかったり…(小声)

IMG_3980_min  IMG_4005_min

 

少し滝に近づいてみる。 やはり綺麗。
IMG_3994_min

 

んで、ちらりと周りを見てみると、ある事に気づいた。
山の木々と言えば、 戦後、高度成長期に国策として植林された『杉』を見るのが割と一般的ですが
ここでは、右半分は杉、左半分は杉以外の木が生えていました。

生まれてからこの方、そこら辺に生えてる木なんてみんな杉で、杉しか見たことなかったので(大げさ)
ここでの景色がガチで異世界のように感じたという…。
ていうか本当、行ってみると分かるけど、空気感が全然違うのですごく気持ちがいい。
IMG_4026_min IMG_4027_min
IMG_4030_min

で、生えてる木が杉ではないと言う事はつまり、ここの木々は、戦前からそのままの姿でここに残っているかもしれない…と、そう言う事なんですかね、コレ。
下手したら江戸時代とかより前からこういう姿だったのかも。(妄想)
IMG_4010_min

昔からあって、そのままの姿で現在に残っている物が少なくなっている中、
ここにある木々は、昔のままの自然な姿が残っている……可能性がある。
こういうのが本来の日本の山の姿なのかなぁ…と、ちょっと不思議な気持ちになって帰った一日でした。

京都3日目(最終日)

ようやく時間が出来たので久々の更新。
かなり遅くなったけど京都旅行の続きかくよー。
(ちょっと疲れたので簡単にかきますよ!キリッ)

3日目は、ほぼ1日使って清水寺とその周辺を見に行きました。

IMG_3024 IMG_3046

清水寺は奈良時代の終わり頃に始まり、今に続いている。
清水と言えば『清水の舞台』で有名だけど、実はこれらの建物は江戸時代に後から建てられたものらしい。

IMG_3088 IMG_3085
IMG_3082

にしてもすごい技術。

今でいう所の『構造計算』みたいなのは どの様に行われていたんだろうか…。
構造計算は建物に何人くらい乗る(入る)のかをある程度決めてあり、その上で地震が起きても安全なように計算をする(らしい)。
清水の場合はそのへんどうなんだろう??

でも観光客が大勢来ても、これだけ巨大なものが全然問題なく立っている不思議。

 

んで、周りはこんな感じでした。↓
IMG_3100 IMG_3102 IMG_3104 IMG_3110 IMG_3106

うむ、きれいである!

その後、産寧坂(三年坂(?))を見て回りました。

IMG_3170 IMG_3135IMG_3131

この町の立体感あふれる感じ!すごいすきやねん!
人がいなかったらダッシュで坂道を駆け下りたい感じ!!

 

IMG_3124 IMG_3168 IMG_3169

で、あとはぷらぷらして歩きました。めでたしめでたし(なげやり)

おわり!

 

京都(と奈良)2日目

朝はホテルのバイキングで朝食を済ませ、8時に出発。

この日泊まったホテルは京都府内ではなく、奈良県のホテルです。京都府内のホテルは予約でいっぱいだったので…。

と、言うことで本日(27日)は奈良から出発。法隆寺を見てから京都へ向かいます。

世界最古の木造建築として知られる法隆寺。
の中門。

IMG_2897

そしてそこに立っている金剛力士像。

IMG_2904 IMG_2905

門の真ん中に立つと、2体の像が上から覗き込むようにこちらを見てる感じがします。
迫力が伝わってくるこの表情とか筋肉のつくりが本当に凄いですね。
昔の人が、何もない所からこのような姿をイメージしてつくった事を思うと
伝統とか文化の中に秘められた『世界観』というものの奥深さを感じます。

はっきり言って法隆寺はこの金剛力士像だけでお腹いっぱいになれるくらい見応えがありました。

しかし、法隆寺はまだ終わらない!
↓この建物である!
IMG_2910
ita

↑赤丸で囲んだこの部分、最初は気付かなかったが、実は同じサイズの板を無数に並べて作ってある。
聖徳太子の時代と言ったら、チャイナの属国から抜け出した時代。そんな昔に、機械もないのに
一ミリの誤差も無く、同じサイズ・同じ形の板を何枚も作り上げる事が技術的に可能だった!という事実にかなり衝撃をうけました。

なんかこう、頭にガツーンとくる何かがありました。本当に。

そして技術だけではなくこの美しさよ…

IMG_2911 IMG_2941

IMG_2942 IMG_2929
IMG_2923
IMG_2946
  IMG_2944  IMG_2896
IMG_2893

ふつくしい…
朝一番で人が少ない時間帯に来れたのもよかったですな。

正直、法隆寺の凄さは単に『世界最古の建造物』という事ではなく、物づくりの技術の高さと 空間をつくる美的センスが、はるか昔のこの時代にすでに完成されていた所にあると思いました。

 

で、次に向かったのが伏見稲荷大社。

お稲荷さん達の本拠地。

IMG_2966

稲荷山ぜんたいが信仰の対象になっているんだとかなんとか…(うろ覚え)


IMG_2968 IMG_2967

どこまで歩いてもこの景色。人が多くて歩くのが結構大変でした。
なんとなくだけど、神社だし写真とかあんまり撮んない方がいいかな~とか思ったんで、あんまり撮りませんでした。


IMG_2971 IMG_2972

ただ、雨で削れた土の壁がおもしろかったので、それだけ写真にとりました。

 

で、伏見稲荷大社を出て、この日泊まる予定だった延暦寺へ行って本日の観光は終了。

延暦寺は『殺生(せっしょう)はしない』ということで、晩御飯にはお肉とか、その手のものは入ってませんでした。が、それでも食事を楽しめるように色々な工夫がされていました。

どっからどう見ても『チキンナゲット』な物が、食べてみたらやはりチキンナゲットの味で、
でも、その正体は実はゆばです…とか。

感動しました。

IMG_2997IMG_2998 IMG_2999

そんなこんなで京都旅行2日目終了。

でも一番心に残ったのは奈良の法隆寺でしたー!

京都1日目

1日遅れて更新。

晩飯んをすませ、ベッドに入って1日目の観光は終了。

行った場所は金閣寺と化野念仏寺。

最初、金閣寺に入る前に、金閣寺前の売店に売っていた
『金粉ソフトクリーム』

が目に付いてしまい
興味と誘惑に負けて買いました。↓↓


味はまぁ、普通のソフトクリームでした。でも何故か凄く満足感がありました。なんでしょうねコレ?
もう一度食べたいです。

で、

↓金閣寺です。





 ふつくしい…。

今日は晴れていて最高に輝かしい金閣寺が堪能できました。

しかし僕の目線は建物ではなく風景にひかれるのであった(なんでや!)



 

次に念仏寺。

到着して最初に見る坂道。↓お店が立ち並んでおり 、どこも歴史を感じさせる良い雰囲気のお店でした。


 んで、ここでなんとなく巾着袋かいました。特に理由はないけど

  

中に入ると美しい紅葉。それと変わった形の鳥居。何故この形なのか、さっぱりわかりませんでした。

  

御朱印をもらえる所の横に↓こんなものがありました。

  

これまた美しい。

遠くから見ると一枚の絵に見えてとても感動したので、ついつい写真を撮ってしまいました。
んで、そんなこんなで本日の観光は終了。ホテルへ帰って晩御飯を食べて寝ました。
以上っ!